新宿の募金

20日に、新宿に行きました。

あちこちで募金を呼びかけてる人がいました。
ちょっと思うことがあったので日記にします。

いろんな意見があると思うのですが、
私個人の思いです。




まず駅を出ると、
10数人の若い人たちが花道のようになって募金を呼びかけていました。
東南口の階段を降りると
こどもたちとおかあさんたちが集まって募金の呼びかけ。

ショッピングモールの前の道では
そこの社員の人たちが募金の呼びかけ。



正直しんどい。




若い人たちは
大声を出せる健康な体があるなら、募金を募るよりは各人が必死で働いて、
そのお金の何割かを自己責任で募金したらいいと思う。

こどもたちには
おこづかいを募金するよう教えた方がいいと思う。

ショッピングモールは
各ショップのレジ横に募金箱を設置するだけでいいと思う。




善意の強要はナントカって
誰かツイッターで言ってたけどその通り。



ただ歩いてるだけで善意を強要されるのは精神的につらい。

義捐金詐欺も横行する中、
芸能人やスポーツ選手ならともかく、
初対面の人に「お金ください」と言われて出す人は何人いるんだろう?


ただでさえ小心者の私は
その「善意」の声を無視して歩くのに

ほんとに疲れたんです。




募金を否定しているわけじゃないんですよ。
大切な活動だと思う。

でもしばらく新宿には行きたくない。



被災地の人たちのために、
何かできることはないか、考えているのはみんな同じ。

自分達にできるのは、
「節電」・「募金」
この条件も、みんな同じ。


だから、チャリティイベントとか、ライブとか、
どんどんやっていいと思う。
募金箱もたくさん設置すべきだと思うし。



でもさすがに
一歩あるくたびに募金することはできないよ。


募金を呼びかけていた人たちの
奇妙な笑顔に

違和感を覚えたのでした。





考えすぎかな。
[PR]

by do_do_bird | 2011-03-22 10:57 | 日記